腸内細菌には、大きく分けて善玉菌と悪玉菌が存在します。それぞれの特徴も異なり、また善玉菌だけが多ければ良いというわけでもありません。

そこで今回は、善玉菌と悪玉菌それぞれの違いについて説明します。

腸内細菌の善玉菌ってなに?

腸内細菌という言葉を良く聞くかもしれませんが、その中でもやはり興味があるのは善玉菌ではないでしょうか。どんな人の体にもいますが、実際にどのような働きをしてくれるのか、それが分かればもっと自分の体を大切にしていくきっかけにもなるでしょう。

人々が生きていくためには食事をしなくてはいけませんが、その食事を体の隅々にまで行き渡るようにまでしてくれるのは、これまでは消化酵素だけと言われていました。

けれども、現在では腸内細菌は消化酵素の働きを助けるだけでなく、消化しやすいように一緒に働いて消化や分解、吸収などいろんなことをしてくれることが分かってきました。

特に善玉菌は、食べたものを無駄なく吸収ができるように低分子にまで分解をしてくれています。このバランスが崩れていると、食べ物を上手く消化できずにそのまま排泄されてしまい、せっかくの栄養が吸収できません。

しっかりと働いてもらえるように、自分でもお腹の調子を整えていきましょう。

腸内細菌の悪玉菌ってなに?

腸内細菌という言葉を聞くものの、自分の体に細菌があるとなると驚く人もいるかもしれません。けれども、人の体には約1kg近くの細菌が腸の中にいるのです。

体調が悪いなと思ったときには、もしかしたら悪玉菌の方が優勢になっていることも考えられます。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内では、ほぼ99%が善玉菌です。ですが、成長するに従ってどんどん悪玉菌も増えていきます。

このバランスが取れていればいいのですが、悪玉菌の方が優勢になっていくと、腸の中に腐敗物を溜め込んでいくばかりでなく、ガスなどの有害物質を発生させて善玉菌の活動を抑制していきます。

肉などの消化しにくいものを食べたりしても影響が出やすくなりますから、普段の食事も偏らないよう野菜なども取るように心がけないといけません。

一時的な便秘や下痢だけならまだいいかもしれませんが、腸内細菌の割合が善玉菌優勢になるとさらに体の不調が酷くなりますので、早めに対処するようにしましょう。

乳酸菌の摂取にサプリメントが向いている理由

お腹の調子が悪いと気分も憂鬱ですよね。皆さんの中には、お腹の調子を整える目的で乳酸菌のサプリメントを摂取している方も多いのではないでしょうか。

最近では食生活のバランスを崩して栄養が偏ってしまいがちです。バランス良く食べていると思っている方でも、不足している栄養に気づかないことがあります。

大人のみならず子供にも必要なのが、乳酸菌のサプリメントです。体に優しく免疫力を高めてくれる栄養成分ですが、食事だけでは補うことができません。

そこで、サプリメントの出番となります。子供が飲んでも安心できる成分ですので、積極的に摂取することをおすすめします。

腸内環境が悪いと、肌の調子も悪くなります。乳酸菌の働きによりお腹の調子を整えることで、肌質を整えることが可能です。

また、便秘が続きますと気分も落ち込み、心身に悪影響を与えてしまいますよね?その便秘解消にも乳酸菌は有効とされています。

毎日の健康のためにも、腸内環境を整えることが大切です。抵抗力を高めることは体にも健康にもいいので、子供も大人も積極的に摂りたいものです。