乳酸菌といえばヨーグルトやチーズなど、おいしい乳製品にいる健康に良い菌というイメージですよね。

お腹や健康にいいとは何となく知ってはいても、乳酸菌とは具体的にどんな働きをしてくれるものなのでしょうか。

乳酸菌そのもの力や、それをサプリメントで摂取する事のメリットをチェックしてみましょう。

乳酸菌は腸の細菌バランスを善玉菌優位にしてくれる

人間の腸にはたくさんの種類の腸内細菌が住んでいます。

それぞれ違った役割を持っていますが、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられるんですね。

善玉菌は簡単に言うと腸を元気にする菌で、悪玉菌はいろんな不調を招く菌の事です。

そして3種類の中で最も多いのが日和見菌です。名前の通り善と悪の強い方に味方する性質を持っています。

だから腸は常に善玉菌が強い状態にしておく必要があるんですね。

乳酸菌は善玉菌の仲間なので、毎日摂取する事で善玉菌優位の健康な腸を作るのに役立つんです。

乳酸菌の力で腸内環境を善玉菌優位にするメリットとは?

腸が善玉菌優位になると事で、健康やお腹の調子にいろんなメリットが生まれます。

  • アレルギーやアトピーの改善
  • インフルエンザなどウィルスに感染しにくくなる
  • 便秘改善効果
  • ダイエットサポート効果
  • 体臭改善効果

もともと腸には全身の実に6割以上の免疫細胞が集中しています。

口から食べたものが入る臓器なので、免疫でいろんな毒から体を守っているんですね。

その腸の環境を善玉菌優位にすると、免疫力が高まり整います。

免疫のトラブルが原因で起こるアレルギーやアトピーが改善したり、免疫力が高まる事でウィルスに感染しにくくなります。

さらに腸内環境が良くなると腸が活発に動くようになり、お通じにも良い影響があります。

腸が活発に動いて代謝が上がる事で、基礎代謝が向上して痩せやすい体質作りにも有効です。

さらに便秘などで溜まった腸内ガスが体臭の原因になっている場合、腸内環境を整える事で体臭を改善できる場合もあるんです。

これはほんの一部で、まだ乳酸菌にはまだまだたくさんの可能性があると言われているんですね。

乳酸菌をサプリメントで採ったほうがいい理由3ポイント

たくさんのメリットがある乳酸菌ですが、食品からよりもサプリメントで摂取する事がオススメなんです。

「乳酸菌はヨーグルトやチーズで摂るんじゃダメなの?どうしてサプリメントなの?」と思われるかもしれませんね。

3つのポイントに分けて理由を説明していきましょう。

乳酸菌を食品から摂取すると日持ちがせずコストがかかる

まず食品で乳酸菌を摂取しようと思うと、お金がかかったり、日持ちがしなかったりします。

ヨーグルトを1ヶ月持たせるのは難しいので、まめに買いに行かないといけません。チーズもなかなか高いですよね。

サプリメントなら1日100円以下で続ける事ができて、何度も買い物に行かなくても保存がききます。

サプリメントなら乳酸菌が生きて腸まで届く

乳酸菌はデリケートな菌で、高い温度や酸など、ちょっとした刺激で死んでしまいます。

食品で摂取すると消化の過程で乳酸菌の多くが死んでしまい、腸に生きては届きにくいんですね。

一部のヨーグルトなどは腸に生きてとどく乳酸菌入りのものがありますが、価格が高く続けにくいという欠点があります。

サプリメントだと、カプセル・コーティングの技術や、生存能力の高い乳酸菌をサプリメント化することで、乳酸菌を生きたまま腸まで届けてくれるんですね。

死んだ乳酸菌はもともと腸にいる善玉菌のエサになって腸内環境を整えますが、生きた乳酸菌は善玉菌の活動に加わるため、善玉菌優位の状況をより作りやすくなります。

生きた乳酸菌で腸内環境を整えるなら、サプリメントがいいでしょう。

乳酸菌は毎日摂取する事が大切だから手軽なサプリメントがオススメ

乳酸菌が生きて腸まで届くと言われると、善玉菌に乳酸菌が加わって腸内細菌が増えるイメージがあるかもしれません。

でも実は違っていて、腸内には体の免疫が許している「許可を受けた細菌」しか住み着けないようになっているんです。

外から来た乳酸菌は許可された細菌ではないため、便になって排出されてしまうんですね。

しかし、腸にいる間は善玉菌として活躍するため、毎日乳酸菌を補給してあげる事が大切なんです。

そのためにも手軽で保存が効き、生きて腸までとどくサプリメントが乳酸菌を摂取する方法としてベストなんですね。

手軽で様々なメリットのある乳酸菌サプリメントを、ぜひ習慣にしてみましょう。